COLUMN

コラム

ふるさとからの便り(宮崎県門川町 向ヶ浜の朝日)

2022.02.09

 いつも九電ドローンサービスをご利用いただき、ありがとうございます。
 本コラムでは、「ふるさとからの便り」と題し、九州各地からの選りすぐりの映像を不定期でお届けしています。
 今回は、出張先で訪れた宮崎県門川町の美しい砂浜に昇る朝日の模様をお伝えします。
 宮崎県の県北に位置する門川町は、北は延岡市、南は日向市の間に位置し、両市のベッドタウンとして発展しており、漁業、水産加工業で有名です。
 お隣の日向市は歌人の若山牧水の生誕地として有名で、かの歌人もこの海辺を訪れ、歌を詠んだのかなぁと当時に想いを馳せながら、朝の向ヶ浜を散策しました。
 朝日の左手に見える島は、門川湾に浮かぶ周囲約4km、高さ80mの無人島の乙島で島の周りには、大小7つの海触洞穴があります。洞穴は、かつて海賊の住処だったと言われるなど、多くの伝説を今に伝えています。例年夏季にはキャンプ場として開放されていますので、ご家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

コラム一覧へ戻る